松永 麻衣子
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
松永 麻衣子/MATSUNAGA Maiko
パリところどころ

ポパイからはじまりMCシスター、プチセブン、ラヴィドゥトランタンなどいろいろな雑誌でファッションエディターとして働く。
1996年に渡仏。子供3人の母でもある。
パリ発おとなとこどものwebマガジン『chocolatmag』の編集長。
http://www.chocolatmag.com/
figaro japonオフィシャルサイト「パリの子ども事情、ときどきネコ」
http://madamefigaro.jp/paris/blog/maiko-matsunaga/list.html
MilK JAPON WEB ダイアリー「パリの12ヶ月」
http://milkjapon.com/writer/080_maikomatsunaga


月別アーカイブ: 12月 2013

脚の長さが違うんです。

11歳中学1年生の娘MOEは兄弟の中でいちばんの甘えん坊。パパっこ。見て見て星人。先日、あまりに急激に背が伸び、腰に水がたまり膝が痛くなるという成長痛に襲われた。そこで、ドクターがマッサージに通うようにと処方箋を書いた。

私は首と背骨数カ所の椎間板が薄く減ってしまっているので、定期的にキネマッサージというのに4年程通っている。マッサージ師は美人のシャルロットねーさん。MOEも彼女にお願いすることにした。

そこへ向かう道すがら、いつものように私にぶつかりながら?よく言えば寄り添いがちに歩くMOE.これが非常に歩きづらい。MOE特有の甘えん坊の動作だと思っていた。決まって夫シェフや私が言うセリフ「もっと離れて歩いてよー。ぶつからないでよー。まっすぐ歩いてよー」だ。

ところが施術後に美人マッサージ師のシャルロットが「MOEがまっすぐ歩けないのは。。」私の頭の中「ん!?????」。「脚の長さが違うから。。腰から歪んでいるので1時間かけて来週調節してみます」ということだった。MOE自身も納得。私も納得。というか、あれだけまっすぐ歩いてよ!だの、歩きづらい!だの、言っていた訳で、何だかMOEが不憫(涙)。

家の中でもしょっちゅう脚をぶつけるMOE. さんざんおっちょこちょいだねーと言っちゃったけど、それもこれも微妙にまっすぐ歩けないせいだったのだ。あーーーまたやってしまった! 忙しさにかまけて子供達をちゃんと見てやれなかった><。

「ママン。今度MOEが道でぶつかっても”MOEちゃん脚大丈夫?”っていってね♡」と優しくされることを思いっきり期待してる。何だか幸せそう。そんな11歳です。


カテゴリー: MOE, 四季 |