松永 麻衣子
2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
松永 麻衣子/MATSUNAGA Maiko
パリところどころ

ポパイからはじまりMCシスター、プチセブン、ラヴィドゥトランタンなどいろいろな雑誌でファッションエディターとして働く。
1996年に渡仏。子供3人の母でもある。
パリ発おとなとこどものwebマガジン『chocolatmag』の編集長。
http://www.chocolatmag.com/
figaro japonオフィシャルサイト「パリの子ども事情、ときどきネコ」
http://madamefigaro.jp/paris/blog/maiko-matsunaga/list.html
MilK JAPON WEB ダイアリー「パリの12ヶ月」
http://milkjapon.com/writer/080_maikomatsunaga


月別アーカイブ: 9月 2013

パリの新しいレストラン。そしてchocolatweb

どんどん寒くなってき たパリです。そして、今週末は日本の”カワイイ!”を伝えるイベントが3日間あるし、それが終ると来週からはファッションウィークだし。その前に、通称”オペラの華”さんとランチを楽しみました。8月末にできたばかりの日本食レストラン[幸:SACHI]へ。https://www.facebook.com/restaurant.paris.sachi?ref=ts&fref=ts

オペラ界隈には日本食屋さんがとっても多い。そんな中で、かなり雰囲気が違う店内です。カウンター席とテーブル席は全てサロン・ド・テのようにゆったりとしたひじ掛けのついた大きな革張りの椅子。

お昼のメニューは”今日のお弁当”18€と”今日のカレー”13€。

スズキとサーモンのお刺身。あじフライと豚の角煮。厚焼き卵、ロースト鴨、トマトの出汁ビネグレット。白いご飯と赤出しのお味噌汁。美味しかった〜。どれも本当にきちんと素材を大切に調理されていました。

私の記憶が合っていれば、前にGIROGIROで働いていたかたが料理を作っていて、若おかみさんがデザートを作り、お着物でお料理を運んでいる。見て、 可愛いでしょ! 割烹着がパリで新鮮! 今日のデザートは抹茶のプリンにしっかり甘い黒蜜をかけて3€。ほうじ茶バージョンもあるというので、通わなくては。

実はこの日、待ち合わせが遅れてラストオーダーの14Hを過ぎてから友達と合流できたのです。すみません、大丈夫ですか? と尋ねると「大丈夫です。おなかがすいていませんか?」と逆にいたわられてしまいました。そして、食後のデザートは15時になってしまったので、諦めようかと思っていたら「デザートいかがですか?」「でもこんな時間ですし」「どうぞゆっくりしていって下さい!」とシェフ! お言葉に甘えてしっかり頂きました。「ゆっくりと味わってくつろいで食べて頂きたいんです。回転を速くすることは考えていないので。」と若おかみ。いいなー、こういうの。

で、思うのは、やはり”人”だということ。ここは居心地いいなーと感じました。どんなにお洒落だったり美味しかったり流行っていたとしても”人”の部分でガッカリさせられると、とても残念だ。

お料理も、夫シェフにきちんと丁寧に撮ってもらえたらよかったー。絶句する程美味しかったプチトマト写ってないし、携帯電話では限界がありますね。店作りにコンセプトや愛情がしっかりあると、編集者として血が騒ぎます。ここならステキなページが出来そうって。

で、この場を借りて、発表します! 編集者と写真家でつくるWEBデザイン部門ができました。その名もchocolatweb. って、そのまんま私と夫シェフなのですが,,,.

ウェブマガジンを作るようにHOMEページを作りませんか? というコンセプトです。まずその第1弾が パリのクリエーターANNE WILLI 日本語オフィシャルサイト、今日オープン! http://www.annewilli-jp.com 夫シェフの写真が美しい。

 

夫シェフこと松永学の写真をもっと知りたい方はこちらから>>http://www.manabu-matsunaga.com

今度は”幸”で絶対カレーを食べようと思う!

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |