松永 麻衣子
2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
松永 麻衣子/MATSUNAGA Maiko
パリところどころ

ポパイからはじまりMCシスター、プチセブン、ラヴィドゥトランタンなどいろいろな雑誌でファッションエディターとして働く。
1996年に渡仏。子供3人の母でもある。
パリ発おとなとこどものwebマガジン『chocolatmag』の編集長。
http://www.chocolatmag.com/
figaro japonオフィシャルサイト「パリの子ども事情、ときどきネコ」
http://madamefigaro.jp/paris/blog/maiko-matsunaga/list.html
MilK JAPON WEB ダイアリー「パリの12ヶ月」
http://milkjapon.com/writer/080_maikomatsunaga


月別アーカイブ: 1月 2013

雪の日も雨の日も、わくわくできる自分でありたい

マイナス10℃の早朝。今日は夕方から雪が降るらしいと覚悟をしていたんだけど。

幼稚園と小学校のお迎えの18時ちょうどに雪が降り始めた。まだ道は滑らないし、降る雪を楽しみながら子ども達と帰る。道中、下二人はずっと口を開けながら歩く。雪を食べる。たのしーーーーー!!

家に戻り、いつものように子ども達は順にお風呂に入る。その間に私は夕飯の支度&アペリティフ。その間にもどんどん積もる雪。写真のこのグレーの部分はみんな雪。寒い日はこもりたくなる。家の中が暖かい事に感謝する。で、裏窓を見る。まだ早いので三分の一しか灯りはついていないけど、いつもよりなんだか嬉しそう。

いつの間にかこんなに積もってしまった。明日も出かける家族達のために、年に数回しか使わないスノーブーツのホコリを落とし、玄関に並べてみる。楽しい。ワクワクする。ほこりを払ったときに咳き込む。でも楽しい。雪ってすごい。

まだ降り続いている。我が家の小さなバルコンもこんもりと雪が積もる。見下ろすとまだまだ降っている。誰かが滑ってころんでけがをするのはイヤだけど。明日の朝、起きた時にどんな別世界が見れるのか? そんな事を想像するだけでも、雪って楽しい。

そうだ、イヤだなーと思っていた雨の日も、考え方次第では雪の日のように楽しくなるのかも? 今晩はそれについて考えながら寝ようと思う。。。。


カテゴリー: 未分類 |